秋の食養生

秋の食養生

最近、お天気がいいものの、空気が乾燥してなんだか喉もお肌も

”カラカラ、カサカサ” 状態になっていませんか?

 

中医学では “秋は乾燥の時期” と言われ、

この時期はしっかり “身体と肺を潤す時期” とされています。

 

秋の身体は、夏の疲れを取り去りながらも、寒い冬の準備に向かおうとしています。

 

そこでこの季節の変わり目に大切な ”食の養生” は
「培陽潤肺(ばいようじゅんぱい)」。

 

ん???なんのこっちゃ???ですよね~。

 

簡単に言うと、

「肺を潤すものを食べ、寒さに抵抗力をつけるものを食べる」です。

 

そこで今日は、食のプロである友人の薬膳レッスン「ベジフル薬膳」に

行ってきました。

 

この友人はいつの時期であっても「野菜(ベジ)と果物(フル)をたっぷり摂り、

美味しくて簡単なレシピ=ベジフル薬膳」を提供してくださる素敵な女性です。

お肉を食べない、というわけではありません。

 

まずは、「にんじん」の食べ比べからスタート。

IMG_1747.jpg加工

 

 

 

 

 

 

白、紫、黄、黒、金時、それぞれに味が違い、また真ん中と端っこでも

味が違うということを知りました。

とっても一般的なお野菜なのに、へーーー、ホーーーの連続です^_^;

 

そしてお待ちかねのメイン&デザート。
右:梨とじゃがいものサラダ、中央:鶏手羽の腎強壮揚げ、左:赤大根とベーコン

IMG_1750.jpg加工

 

 

 

 

 

 

ベジフルハッシュド

IMG_1751.jpg加工

 

 

 

 

 

 

洋ナシのデザート

IMG_1752.jpg加工

 

 

 

 

 

 

すべて秋を元気に乗り切るための食材をふんだんに使ったメニューです。

いや~お腹もココロも大満足でお野菜のチカラを改めて感じました。

 

実は私はお料理はあまり得意ではなく、できれば簡単に素早く、そして

美味しく作りたいという超ワガママさんです。

 

それが!この友人のレシピは簡単!!そして身体にもよい!!

これ、やることが多い女性の味方ですよね~~。

 

ポイントは “旬のものを食べる” こと。

旬のものは当然一番栄養価も高く、お値段もお安くなりやすいのです。

 

そして、脈々と受け継がれてきた「日本人のDNAにしみ込んでいる食べ物」

摂ること。これが一番大切!!と教えていただきました。

これにはものすごくものすごくものすごーーく共感です!!

 

無理からに海外のものを食べなくても「お出汁」「野菜」「魚」「果物」、

国内に食べるものはたくさんありますもんね~。

 

せっかく教えていただいたメニュー。

早速明日にでも作ってみたいと思います。秋の味覚を存分に楽しみましょう(*^_^*)

 

それでは今日はこのへんで。また次回お会いしましょう!!