朝の生きた気をしっかり肺へ

朝の生きた気をしっかり肺へ

最近、睡眠と呼吸って本当に大切だな~と

コトあるたびに感じます。

 

特にゴールデンタイムと言われ、

漢方の考え方でも陰が極まる時間である、

PM10時~AM2時に深い眠りに入れた日は

翌日の目覚めとお肌の調子がかなりイイのです。

 

しかーーし!!

そうでない場合、起きてもなんとなくシャンとしない、

肌も潤いがない。。。チーン。。ガーン。。状態です。

 

それでも動き出さないといけない主婦。

また12月はなんだかアレコレと気忙しいですよね!

 

そんなとき、私がやっていることは、

朝陽を見て、大きく深呼吸すること。10845972_730395657051734_4042286496115503117_n人間は体内時計が25時間。

それを朝起きて太陽の光を浴びることで、

24時間にリセットするのです。お~身体の不思議。

 

今の季節は寒い寒すぎるので、

窓越し^_^;に太陽の光を浴びて、

しっかり胸を開いて、

肩甲骨をひっつけるような感じで

肺にたくさんの空気を吸い込むように大きく深呼吸♪

 

漢方の考え方では、朝の空気は “生きた気” 

言われているので朝の新鮮な空気をたっぷりと肺に運ぶ、

これとても大切なことなのですよ~(^_-)-☆

 

これが最近の私の朝のちょっとした運動。(運動というほどでもない?)

そして、お白湯を飲む(^_-)-☆

これで身体にキレイな空気と水が入ってきて浄化スタート!!です。

 

今年もあと10日。

最後まで体調整えて元気にいきましょ~~!!

それでは今日はこのへんで。また次回お会いしましょう!!