陽の面、身体の後面を鍛える

陽の面、身体の後面を鍛える

最近、3人の先生がたの話がシンクロして、またまた身体の面白さに気付いてしまったので、今日はシェアも含めて書き留めておこうと思います(^^♪

 

 

その前にちょっと身体のお話を!!

 

 

自然界と同じく身体にも陰陽があります。四つん這いになった時に太陽の光を浴びる方が「陽」の面。太陽の光を浴びず、地面のパワーを受ける方が「陰」の面

 

 

「陰」の面は自分でよく見えるのでいろいろとケアもしやすいですが、「陽」の面は鏡を使ってもなかなか見えにくくケアもやりにくい・・・とこんな特徴がありますよね。

10983434_763089543782345_2543048681021812264_nでね、ここ数日間で3人の先生から「陽」の面について立て続けにいろんな話を聞き、なるほどな~と思うことがありましてね。

 

 

A先生:「僕が長~く続けている健康法は、足首を動かす、アキレス腱を伸ばすことです。足の後面を鍛えることです。」

 

 

足先を上にあげて、かかとだけ床につける状態。うん、やってみると確かに、アキレス腱とふくらはぎの後ろが伸びて鍛えられている感じがして気持ちいい!!(立ってやりにくいかたは座ってもできますよ(^_-)-☆

 

 

B先生:「足をすって歩く人は足首を使わないので、腰痛になりやすい」「左右の肩甲骨の間から成長ホルモンは出るので、若さを保つためにも肩甲骨を動かすことが大切ですよ~」

 

 

「足をすって・・・」の方はA先生の話とリンクするな~。

 

 

「左右の肩甲骨・・・」の方は、これは姿勢にも通ずるよな、と。背中が丸まっていて姿勢が悪いと、老けて見えるし、肩甲骨まわりが固まると肩コリや背中のハリに繋がって自分でも重だるく感じたりこれまた姿勢が悪くなってしまう。

 

 

C先生:「陰の面の治療をした時は、必ず陽の面も治療をすること」

 

 

私は治療家ではありませんが、私ができる範囲でいうと、例えば経絡・臓腑の表裏の関係。表のケアをすれば、裏のケアをする…ということに繋がるな~と。

 

 

それでですね、ABCの先生のお話を聞いた時、やっぱり身体はバランスを取ることが大切なんやな~と思いましてね。

 

 

見えないだけに分からない、手を抜く・・・ではなくて、見えない部分だからこそ手をかけてあげると、見えてる部分がもっと良く見えるという感じでしょうか?

 

 

しっかりお化粧していて前からみたらメチャクチャ綺麗でも、背中丸めて、足すって歩いていたら、台無し!!こういうことですよね(^_-)-☆

 

 

自然界と同じく、すべてにおいて陰と陽、表と裏の関係があって片一方だけではなく、両方バランス良くすることが1番いいことなんだ!!と改めて理解を深めたわけです。(これまたレッスンのコネタで使えそうだわ^m^

 

 

それにしてもなんだかすごいタイミングでいろんな先生がたからお話を聞けて、私の頭の中でピッピッピッと繋がって一人へ~ほ~タイムでございました(*^_^*)なんだか、ちょっと嬉しかったりして^m^

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。それでは今日も笑顔で(*^_^*)いきましょ~!!