終了!!! 『人体の解剖生理学セミナー』

終了!!! 『人体の解剖生理学セミナー』

生活の中で“使える漢方養生”をお伝えする、漢方養生セラピスト堀山です。

 

 

夏に始まった「人体の解剖生理学セミナー」。

11755871_832131810211451_980787267124207504_n

開催してくださったのは、私が推拿(スイナ)を習っていたオリエントセラピースクールの島田校長です。

 

 

ワンクールが9月に終了したのですが、補講を開催してくださり、その補講もこの日で終了。

 

 

最後は「脳神経系」の授業でした。

10441003_879811258776839_5697256705600803467_n

人間の身体はホルモンと神経によってコントロールされているので、今回の神経系はとっても大切な内容。

 

 

そして身体を触る仕事をするセラピストとしては、理解をしておくべき大切な内容です。

 

 

今回2回目だったので、言葉には慣れてきましたがやはり難しい。でもそこをベテラン島田校長が分かりやすくいろんな例えを出しながら教えてくださいました。

 

 

いつも島田校長がおっしゃるのは、

 

 

「治療家ではないセラピストであっても、施術者であれば必ず解剖生理学を知ったうえで身体を触って欲しい」ということです。

11707606_829211707170128_1756659091965921253_n

だからこそ島田校長の授業は真剣です=^_^=(脱線もたくさんありますけどね~

 

 

「その情報はセラピストとして使えるのかな~?必要なのかな~?」と思えるくらいかなり突っ込んだお話もしてくださいます。

 

 

ついて行くのに必死でした^_^;が、これもいい刺激になって脳みそが活性化された4ヶ月でした。

 

 

私個人としては、ギリシャの医聖ヒポクラテスの西洋医学中国の伝説上の名医扁鵲の中医学の接点を見つけることに喜びを感じていたのも事実(ものすごいオタクです。。。)(^_-)-☆

 

 

というのも、今回解剖生理学をちゃんと学ぼうと思ったきっかけは、身体のそもそもを知りたかったから。

 

 

中医学・漢方ではそのあたりがとてもファジーなのでね^m^でもそういうものなのです。

 

 

習った内容を使えるものにするのかは自分次第。アウトプット必要ですね~。

 

 

今回の学びは私のこれからのレッスンの中で少しずつアウトプットしていきますので、『漢方養生の部屋』にご参加のかたはどうぞ楽しみになさっていてくださいね!!

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

 

☆☆11月の『漢方養生の部屋』レッスン☆☆

*気血水編*
11月13日(金)13:30~満席となりました

*冬の養生編*
11月25日(水)13:30~満席となりました

☆☆12月の『漢方養生の部屋』レッスン☆☆

*気血水編*
12月6日(日)13:30~満席となりました

*冬の養生編*
12月12日(土)13:30~満席となりました