老人保健施設でのアロマハンドトリートメントボランティア

老人保健施設でのアロマハンドトリートメントボランティア

生活の中で“使える漢方養生”をお伝えする、セラピスト&講師の堀山です。

 

 

今日は久しぶりに参加できました(*^_^*)

IMG_1664.jpg加工

老人保健施設「友の家」さん(HPはこちら)でのアロマハンドトリートメントのボランティアです。

 

 

ボランティアの隊長は、この施設の施設長でもあり、内科医でもあり漢方医でもあるとても多才な祥子先生(通称:しょこ先生)(*^_^*)

 

 

しょこ先生はアロマ回想法に取り組んでいらっしゃいましてね。

 

 

回想法とは、認知症の非薬物療法の一つなのですが、認知症のかたの脳で記憶をつかさどっている部分を刺激するために、昔の話をしていただこうという療法なのだそうです。(詳しくはしょこ先生のブログ★★をご覧くださいね!!)

 

 

今日、私がトリートメントをさせていただいた方のなかにも、若かりしときのことを昨日の出来事のようにお話くださったり、そのお話を何度も何度も繰り返されたり、子供さんのことを本当に嬉しそうにお話くださったり。

 

 

とても考えさせられるボランティアです。

IMG_1555.jpg加工

それでも皆さん全員が、「こんなんしてもらったらバチあたるな~」「ほんまにありがとうな~」「昔はもっとキレイな手しとったんやで~」とか言いながら、そして少し照れくさそうにしながらも腕を出されるしぐさに心が穏やかになります。

 

 

今回施設を訪れて、まず目に入ったのがこちら。

12239991_888164797941485_3235536166455214674_n

施設を利用されているかたがたの作品がどどーーんと!!

 

 

普段は無口なかたが、編み棒と毛糸を渡すと黙々と編みあげたり、折り紙で可愛いバラを作られたり・・・と皆さんがコツコツと作り上げられたものが飾られています。

 

 

こうやって少しずつ昔のことを思い出したり、手先を動かして脳を刺激したり、いろんな工夫をされています。

 

 

私も参加できたりできなかったりですが、参加出来る日は心を落ち着けて施設利用者さまのちょっとした気分転換になるようになりたいな、と思っています。

 

 

そして手から伝わるぬくもりアロマテラピーでの脳の活性化を信じて=^_^=

 

 

ハンドトリートメントも立派な養生法ですね!!

 

 

いつも素晴らしい経験をくださる施設利用者さま、施設のスタッフさん、そしてしょこ先生、ありがとうございました(*^_^*)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

 

☆☆11月の『漢方養生の部屋』レッスン☆☆

*気血水編*
【満席】11月13日(金)終了いたしました

*冬の養生編*
【満席】11月25日(水)

☆☆12月の『漢方養生の部屋』レッスン☆☆

*気血水編*
【満席】12月6日(日)

*冬の養生編*
【満席】12月12日(土)