自分では感じていなくても、舌は正直&ウソをつきません

自分では感じていなくても、舌は正直&ウソをつきません

生活の中で“身近に使える漢方養生”をお伝えする、セラピスト&講師の堀山です。

 

 

年内最後の漢方クリニックの診察へ。

10410127_906542766103688_132514404960105198_n

約1年前にあまりの目のまわりの痒みと赤味に悩まされ、「おーー、とうとう私も花粉症になったかな?」と思って行きはじめた漢方クリニック。

 

 

結果、花粉症でもなんでもなく、気の高ぶりと極度の睡眠不足からくる炎症で左まぶたはそれはそれはもうひどかったもんです。

m_E7B590E8869CE7828E

養生をお伝えする人が養生できていない・・・そんな情けないことから始まった漢方クリニック。

 

 

今でもちょっと睡眠不足になると、フツフツと赤味や痒みがでてくるのですが、なんとか治まりつつある今日この頃です。

 

 

そんな感じで自分では「よくなりつつあるよな~」なんて思ってましたが、先日、年内最後の診察で先生から、

 

 

「ちゃんと寝てる?(⇒はい、寝てます)」

「なんか頑張りすぎてない?(⇒えー?そんなに頑張ってないです)」

 

 

とのお言葉。

 

 

そしたらですね、横から夫が(うちは夫婦二人で先生にお世話になっております^_^;)、「ギア入りっぱなしやもんな~」と。。。

 

 

「えっ!!そうなん???」な~んて自分のことって本当に分かっていないもんです(*_*;

 

 

その後、先生に「舌みせて」といわれて見せると、「心(しん)が真っ赤っかやね~」と。(これ、気が上がって熱が上がってきている、と漢方では捉えます。

 

 

やばいっ(汗)このままいくとまた昨年みたいなことになる!!あれはもうイヤ~!! と猛反省。

 

 

確かに振り返れば、11月に『漢方養生の部屋』をスタートさせ、いつも頭の中は考え事だらけ。

 

 

自分では当たり前のようにしていたことが、夫からみると「いつもギアがんがん入れっぱなし」に見えていたようです。。。

 

 

自分で気づけなくても「舌」はやっぱり正直で、体のサインを出し、絶対にウソをつかない場所なんだな~と再認識。

 

 

そして先生からのアドバイス。

 

 

「気が上がりやすいタイプだから、できるだけ深呼吸をして、丹田まで気を降ろすようにやってみて!!」と。

11144445_821079834649982_5044707049735646901_n

丹田は正式名:関元、へそから指4本下のところ

 

 

「はい、やりますっ!!」(コレ、私いっつも自分が言ってることやのにな~、私ができてへんやん^_^;

 

 

・・・ということで、いろいろやることは満載ですが、体が元気でなければどうしようもありません。

 

 

自分の体としっかり向き合うって本当に大事だな、と思った診察日でした。

 

 

これから2月に向けてもっとギアが入りそうなので、毎日自分の「舌」を見るクセをつけてちょっとクールダウンしながらやろうと思います(^_-)-☆

 

 

皆さんもお気をつけくださいませね~(*^_^*)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

 

☆☆1月の『漢方養生の部屋』☆☆

* 気血水編 *
【残3席】1月22日(金) お申し込みフォームはこちらです★