唾液は自前のお薬

唾液は自前のお薬

生活の中で“身近に使える漢方養生”をお伝えする、セラピスト&講師の堀山です。

 

 

昨日の薬日本堂漢方スクールの講座の中で何回も出てきた「唾液」のお話。

 

 

午前も午後も違うテーマの講座でありながら少しずつ重なる部分が出てくる内容、そう!!これが漢方の考えかた。

 

 

身体に出てくる症状が違えども、そのもとをたどれば原因が同じところにあったりする、これが漢方。

12728786_930998026991495_4420805032201334509_n

それでですね、今回シェアしたいのは「唾液」のお話。

 

 

講師の先生が「唾液は自前のお薬よ~」という表現をされましてね。「うわぁ~これは分かりやすい!!うまいこと言いはるな~~!!」と感動(^^♪

 

 

「代謝をあげる」とか「代謝をよくする」とか「巡りをよくする」とか「燃焼させる」とか、いろんなところでよ~く耳にするかと思います。じゃぁそのためには、皆さんはまずどんなことをしたらいいと思いますか?

 

 

多くの人がまずは「運動をする」と考えるのでは?と思います。

 

 

もちろん「運動をすること」もとっても大切なのです。でもそれよりも大切なことはコレちゃうかな~?と思うのが、

 

 

「エネルギーとなるものを体に入れ、しっかり噛んで(唾液を出しながら)ゆっくり食べること」

 

 

それでですね、以前オリエントセラピースクールで学んだ解剖生理学の本を引っ張り出してきて「唾液」についてもう一度復習~。(あはは~忘れとります…(・_・;)

11707606_829211707170128_1756659091965921253_n

「唾液は自前のお薬」というからにはどういう働きがあったんだったけ~^_^;???

 

 

*炭水化物を分解する消化酵素が含まれている、また唾液を加えてよく噛むことで食物のうま味が引き出されて味覚を刺激する『ぜんぶわかる人体解剖図』より抜粋

 

 

*殺菌作用があり口の中を清潔に保ったり、歯が虫歯になるのを防ぐ役目を果たす『からだのしくみ事典』より抜粋

 

 

ふむふむ、なるほど!! 唾液出さなきゃ!!って感じですよね~(^_-)-☆

 

 

人間生きている以上、なにかしらを口にします。それはまずどの臓器にはいるかというと、「胃」ですよね。

 

 

「胃」は本当に大切で、いつも元気に動いてもらいたい場所でかつ負担をかけたくない場所です。だからできるだけ口で細かく細かくしたものを胃に届けたい。

 

 

何故なら自分が食べた物が血となり肉となるための第1関門だから。

 

 

例えば、早食いさん。よく噛まずに大きいまんま胃に届けると、胃は普通以上にいっぱい働いてその固形物を小さく小さくしないといけなくなり、「あ~しんど~。もう疲れたわ~」となってこれが消化不良とか、胃痛になったりするわけですよね。

 

 

そうならないためにも、まずは口の中でしっかり噛む!!

12742769_931538593604105_7420572304513305253_n

毎回ひと口30回噛むのが難しいですよね^_^;なのでまずは「1日1食は!」「根菜類だけは!」「お肉だけは!」とやってみるといいそうですよ。これならできそうな気がしませんか(^_-)-☆?

 

 

しっかり噛むことは体にとっていいこと多いですね(^_-)-☆(食べ過ぎも防げますしね~)私もちょっとトライしてみようと思います♪

 

 

あっそうそう、ちょっと思い出したことが。台湾在住時、中国語を習っていた先生から「中国人は痰は吐き出すけれど、唾液は飲みこむ」と教えてもらったことがありました。

 

 

痰は不要なもの、唾液は必要なものという区分けがあるんやな~くらいにしか理解していなかったのですが、今回の講座をお聞きして「あ~なるほどな~、唾液は自分が作り出す大切なお薬やったんか~。さすが中医学本場!!」と改めて感動しましたよ~(^_-)-☆

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

 

≪開催予定の講座≫

*3月の講座『漢方養生の部屋』*
❀ 気血水編 ❀
【満 席】3月6日(日)

❀ 春の養生編 ❀
【残1席】3月16日(水)
【満 席】3月26日(土)
詳細・お申し込みフォームはこちら⇒☆☆

*漢方養生カフェ~季節の漢方養生編~@銀山寺*
 3月13日(日)
【満席】10:00~
【満席】13:00~

*2月の講座『漢方養生の部屋』*
❀ 気血水編 ❀
【満席】
2月7日(日) 終了しました

❀ 春の養生編 ❀
【満席】2月11日(木祝) 終了しました
【満席】2月16日(火)