結局1番好きな飲み物は…

結局1番好きな飲み物は…

生活の中で“身近に使える漢方養生”をお伝えする、セラピスト&講師の堀山です。

 

 

私は養生法の1つとして和漢薬草を使った漢方養生茶を生活の中に取り入れています。

IMG_7721

よく講座にお越しくださる受講生さんからも「毎日漢方養生茶を飲んでるのですか?」と聞かれます。

 

 

私の答えは・・・

 

 

「飲んでませ~ん(^_-)-☆」。

 

 

そうなんです‼いつもいつも漢方養生茶を飲んでいるわけではなく、何かちょっと体調がヘンだな?ちょっといつもと違うものが飲みたいな~、という時に飲むようにしています。

 

 

ではでは、普段は何を飲んでいるのか?といいますと。

 

 

「お白湯」なんです。

お白湯

朝起きたら、何も入れずにお白湯1杯。

 

 

そして朝ごはんのかわりにお白湯にクコの実を浮かべて1杯。

 

 

水筒に沸かしたお白湯を入れて1日中飲み続ける・・・とこんな感じで「お白湯LOVE」です(*^^*)

 

 

ちゃんと火を通して沸かしたお白湯は、飲むとほんのり甘さを感じるくらいです( *´艸`)

 

 

この生活を始めてもうかれこれ5年ほどになります。何か変わったか?と言われるとひとつだけ。

 

 

私は小さいときから手の平だけにアトピーのある人で、大人になってからも湿疹みたいなものがずっとありましたがそれがいつの間にかなくなっていたことでしょうか?

 

 

食生活を見直したことも関係はしてると思いますけど(^^;)

 

 

今、「健康」「お白湯」で検索すると、もういっぱいいろんな情報が飛び交っていますよね。

 

 

例えば、

*胃腸の調子がよくなる
*冷えに伴う不調が改善される
*基礎代謝が高まり脂肪が燃焼されやすくなる
*免疫力が高まる
*むくみが解消される
*美肌になる
*疲れにくくなる

などなど。

 

 

特に朝は排毒の時間帯でもあるので、何か固形物を胃にいれるよりもお白湯などを入れて浄化させるほうがいい、という考えかたもあるようですね。

12074727_956796171078347_8129511885771468080_n

『これが本当の冷えとりの手引書』より

 

この考えかたに「ピン!」ときてから私は朝のお白湯を始めました。

 

 

漢方には「時間の養生」という「この時間はこの臓器が担当する時間ですよ~」という時間があります。

 

 

そして漢方の考え方では3食バランスよく食べる、という考え方もあります。

 

 

でも‼私は「今日はちょっとしっかり動かなあかん日やな~!」という日以外は朝ごはんは食べません。できれば胃を少しでも休ませたいから。そのかわりに「お白湯」を飲むようにしています。

 

 

いろんな健康法が山のようにあるので、直感的に「これいいかも⁉」というものは結構やってみる派の私。

 

 

誰にでも同じように効果があるか?といえばそれは「ない‼」と思っていますので、気になるな~と思うものは是非一度トライしてみるといいと思います。

 

 

そして自分でやってみて、「気持ちいいやん!」「体がラクな感じがする!」「無理してる感じがしない!」と思えば続けてみるといいのでは?と思っています。

 

 

合う合わないは人それぞれ(*^^*)

 

 

自分にあった養生法&健康法を見つけていきたいですよね(^_-)-☆

 

 

そしてできるだけシンプルに‼ たぶんここが一番のポイントだと思います( *´艸`)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

 

≪開催予定の講座≫

*4月の講座『漢方養生の部屋』*
❀ 気血水編 ❀
【満席】4月13日(水)

*3月の講座『漢方養生の部屋』*
❀ 気血水編 ❀
【満 席】3月6日(日)終了いたしました

❀ 春の養生編 ❀
【残1席】3月16日(水)終了いたしました
【満 席】3月26日(土)