続☆チューリップから学ぶ「治病求本」

続☆チューリップから学ぶ「治病求本」

【ただいまシステム変更中のため見づらい箇所がございます。ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。】

 

 

“身近に使える漢方養生”をお伝えする、セラピスト&講師の堀山です。

 

 

4月の頭くらいに投稿した記事「チューリップから学ぶ」

 

 

そうあのチューリップたち。

(画像はお借りしました)

 

 

実は続きがございましてね。

 

 

お客様から「ちゃんと根気よくお世話をしているとちゃんと育ってきましたよ~‼」という嬉しいご報告がありました。

 

 

こちらがお客様の花壇。

素敵―――‼ですよね。元気になる~(^o^)/

 

 

ちゃんと茎がある!茎が!!伸びてる――(涙)!!良かった――(*^^*)

 

 

いつもと違う…おかしいな…と思っても、ちゃんと手をかけ声をかけお世話をすると少し時間はかかっても元に戻ろうとする力が甦ってきたんですね。

 

 

植物の力ってなんて凄いんでしょう‼

 

 

もともとの植物がもっている力、「自然治癒力」がまた戻ってきたということなんじゃないかな?と思います。

 

 

これって人間の体に置き換えても一緒。

 

 

漢方の考えかたに「治病求本(ちびょうきゅうほん)」というものがあります。

 

 

「病気を治すときは必ずその本質にあたるものを考えよう!」というものです。

 

 

少し言い換えると「体質改善をして、自分がもともと持っている生命力を活かして自然治癒力を高めることが病気を治す第一歩」ということだと私は理解しています。

チューリップがいつもと違うから肥料をたくさんあげたり栄養剤をまいたり…ということは、人間の体に置き換えると、対処療法でお薬でなんとかしようとしていること。

 

 

そうではなくて、気温がまだ低いのかな?植えるのが遅かったのかな?というもっと「核」となるところを見てあげて手をかけ声をかけてお世話をする…これは人間の体に置き換えると体質の根っこのところを見直す、つまり養生法を見直すということ。

 

 

そう考えると、自然から教わることは山のようにあります。

 

 

お客様も自然のパワーに感動されたようで、「どんなに忙しくても、ストレスがあっても、自分の体のケアをちゃんとしていこうと思います!」とおっしゃってくださって。。。

 

 

私も嬉しい(*^^*)

 

 

手をかければかけただけ、やったらやっただけ必ず体は応えてくれるということを、またまた植物から教えていただきました。

 

 

これから暖かくなり、GWに突入ですね。

 

 

日常とちょっと違う動きになるかと思いますので、皆さまもご自分の体からのサインを見逃さないようにお過ごしくださいませね。

 

 

ん?と思われたら是非ケアにお越しくださいませ。

 

 

5月はすでに予約でいっぱいですが、6月のご予約受付は5月の初旬にさせていただきますね。

 

 

それにしても今日は気持ちの良いお天気~♡ありがたいですね(*^^*)

 

 

さて私ももうひと踏ん張り‼ 講座の準備を続けます(*^^*)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

 

≪開催講座&ボディケア≫

【漢方養生サロン如月 推拿ボディケア】

❀5月のご予約❀
ご予約受付は終了いたしました

❀4月のご予約❀
ご予約受付は終了いたしました

 

【漢方養生サロン如月にて】

*『漢方養生の部屋』*
❀経絡&アロマで梅雨のプチ養生❀
【満 席】5月10日(水)13:30~16:30

 

【薬日本堂漢方スクールにて】
お申込み・詳細はこちら
http://www.kampo-school.com/area_seminar_list.php?area=2


❀漢方養生指導士養成講座:初級❀

【満 席】4月15日(土)~全6回コース


❀季節の漢方養生法❀
~薬膳茶で体の中から整えましょう~

*梅雨の養生 ~“水の巡り”を整える*  
【残席わずか】6月17日(土)14:00~15:30