「周期」はうまく活用できる

「周期」はうまく活用できる

【ただいまシステム変更中のため見づらい箇所がございます。ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。】

 

 

“身近に使える漢方養生”をお伝えする、セラピスト&講師の堀山です。

 

 

先日、漢方スクールでこんなセミナーに参加してきました。

だいたいこういう絵図を見ると、「子午流注」だな!と思われるかたも多いかと思います。

 

 

漢方には、五臓六腑(正確には六臓六腑)には担当する時間がある、という「子午流注(しごるちゅう)」という考え方が古典の『黄帝内経』にあります。

 

 

これはwebで調べるといろいろと書かれていますのでご興味があれば見てみてくださいね。

 

 

ご参考までにイスクラ漢方薬局さんのこちらをどうぞ→☆☆☆

 

 

これはこれでとても興味深いですし、自分の体に不調がでた時、あ~なるほど本当に「体と時間の流れ」は繋がっているな~と感じることができます。

 

 

昔は皇帝の体調不良を整えるために、夜中であろうが何時であろうが五臓の活動がスタートする時間に鍼をしたり…ということもあったそうです。これは宮廷医官ホジュンでもやっていたかな~?

 

 

今回はそのセミナーの中でもとても興味深い「周期」の話がありました。

 

 

「体力」「情緒(気持ち)」「智力(頭の回転)」にはそれぞれ周期があって、自分の生年月日をある式に当てはめて自分の状態を知ることができる、というものです。

 

 

ちょっと計算式がややこしいのでここでは書ききれないのがとても残念です(T_T)

 

 

ちなみに「体力は23」「情緒は28」「智力は33」という周期をもっているようです。

 

 

これを現代社会においてどんな風に活用するのか?というと、

 

 

*商談をする日をどこにしたらうまくいくか?
*試験の日の体調はどう整えたらいいか?
*手術をするならどのタイミングがいいか?

 

 

などなど。

 

 

これは陰陽の流れに沿っているので、タイミングを一番ピークのところで使うのか?、それとも一番安定しているところで使うのか?などいろいろと活用方法がありそうな内容です。

 

 

ホントに奥の深い中医学・漢方。

 

 

すべては自然の流れに沿って、自然に逆らわず、でもそれを上手に活用していた先人たちの智慧(*^^*)

 

 

気になるな~というかたはサロンにいらっしゃったときにでも聞いてみてくださいね~。少し時間はかかりますが、一緒に計算してみましょう‼

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

 

≪開催講座&ボディケア≫

【漢方養生サロン如月 推拿ボディケア】

❀5月のご予約❀
⇒ご予約完了となりました

❀6月のご予約❀
⇒ご予約完了となりました

【漢方養生サロン如月にて】

*『漢方養生の部屋』*
❀経絡&アロマで梅雨のプチ養生❀
【満 席】6月13日(火)13:30~16:30

 

【薬日本堂漢方スクールにて】
お申込み・詳細はこちら
http://www.kampo-school.com/area_seminar_list.php?area=2


❀漢方養生指導士養成講座:初級❀

【満 席】4月15日(土)~全6回コース


❀季節の漢方養生法❀
~薬膳茶で体の中から整えましょう~

*梅雨の養生 ~“水の巡り”を整える*  
【満 席】6月17日(土)14:00~15:30