私が施術で足裏を最初にする理由

私が施術で足裏を最初にする理由

漢方養生研究家の堀山徳子でございます。

 

 

戻り梅雨らしくべっとりと暑いですね!

 

 

我が家は夫が冷房嫌いのため普段は冷房を使わず、寝る前だけ。

 

 

私は本当は冷房大好き♡ というか快適な環境で過ごさないとついつい「暑い暑い」と口からでてしまってイライラしちゃいますしね(;^ω^)

 

 

ただ、夫につきあって冷房なしの生活を送ってみると意外といけたりするんですよね~。汗はかきますが、夏ですからそれは普通のこと。暑かったらシャワー浴びて、うちわ片手に過ごしています。

 

 

よくよく考えたら昨日は天神さん。そりゃぁ一番暑い日なわけですよ!

 

 

さてさて、今日のタイトル「私が施術で足裏を最初にする理由」ですが。。。

私はカウンセリングやお客様との会話から、その日のお体の状態で気を付けてみていかないといけないな~と思う箇所を「足裏で確認」をしていきます。

 

 

つまり「その日の体の問題点を確認していく」ことを足裏から感じとるわけです。

問題点を把握するためには、手指だけでは感じることができない箇所は多く、写真のような棒を使って小さな小さな問題点をも見つけながら揉んでいくんですね。

 

 

私は台湾在住時に「台湾宗元堂」で足部反射区健康法を学びましてね。

ふぎゃーと叫ぶ台湾式(笑)ではなく、完全に宗元堂の先生方の臨床の積み上げによるオリジナルの施術です。

 

 

先日あるお客様にカウンセリングをした際、「腰」については何もおっしゃらなかったのですが、足裏を揉み始めると、左足の腰の部分に問題点はないものの、右足の腰の部分に問題点がある。。。

 

 

何もおっしゃってなかったけど、どうなんだろ??とちょっと気になったのでお聞きしてみると。。。

 

 

「そうなんです!!さすが!!実は右の腰に違和感あります。でもあえて言わなかったんです。。。」と目を丸くされて(*^^*)

 

 

あれ?私、試されてた~??(内心、あってて良かったわ~(^-^;

 

 

どんなに黙っていても体が教えてくれることを私は知っていますので大丈夫( *´艸`)

 

 

足裏は神経の刺激。

 

 

最初にそれをしておくことで、ボディをするときに相乗効果が出る、私はそう思っています。

 

 

本当に不思議なんですけどね、足裏の反射区ってちゃんと体と対応しているのですよ。私も毎回驚きの連続です。

そんなわけで施術の最初の30分は足裏をすみずみまで揉みます。

 

 

手で触ることができない内臓に刺激を送っているので、これだけでもかなりのスッキリ感は味わえます。

 

 

そして足裏の小さな面積を揉むだけで全身の巡りがよくなるなんていいですよね~(^_-)-☆

 

 

私は現在1日お一人様限定で施術を行っています。

 

 

とことんお体に向き合うために施術を始めたころから大切にしてきたことです。

 

 

お客様も「いろいろ聞きたいんです!」「いろいろ教えてほしいです!」と仰ってくださるので、お越しいただいてから皆さんの滞在時間はだいたい4時間くらい。

 

 

そんなわけでただいまご新規さまをお受けする体制がとれないのがとても心苦しいのですが、いつか日程に余裕がでてきましたら募集をさせていただきますのでそれまでしばしお待ちくださいませね。

 

 

今週は施術の日はなく、講座の週です。

 

 

いろんなことをさせていただけて本当に幸せだな~と思っています。

 

 

施術も講座もどちらも大好きな私。

 

 

1年が600日くらいあればいいのにな~なんて思ってしまいますね( *´艸`)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

 

≪開催講座&ボディケア≫

【漢方養生サロン如月 推拿ボディケア】

❀7月のご予約❀
⇒ご予約完了となりました

❀8月のご予約❀
⇒ご予約完了となりました

 

【薬日本堂漢方スクールにて】
お申込み・詳細はこちら
http://www.kampo-school.com/area_seminar_list.php?area=2


❀漢方養生指導士養成講座:初級❀

【募集中】10月18日(水)~全6回コース


❀カラダ巡らす「季節の薬膳茶作り」❀
薬膳茶で夏バテ対策!

【募集中】7月29日(土) 10:30~12:00

健康と美しさを保つ!薬膳茶でエイジングケア
【残席わずか】9月18日(月祝)15:00~16:30



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*