【秋の養生は3つに分けて考えよう】

【秋の養生は3つに分けて考えよう】

漢方養生研究家の堀山徳子です。

 

 

雨の影響でここ数日湿度の高い日が続きましたね。湿気って本当にしんどいな~、と久しぶりのジメジメに体もどんより。

 

 

でも雨も必要。うん。そう。必要なんですよね。

 

 

引っ越してきて今何が楽しいかってね、毎日の山の様子なんです。

お天気や時間によって全く見える景色が違います。

 

 

時間を忘れてぼーーーーっとするのが増えたような気がします。なんとなくですが、引っ越ししてから自分の時間と周りの時間がゆっくり流れているのを感じています。

 

 

そ~んな感じでですね、こんなお天気のように、秋は実はとっても移ろいやすい季節。

 

 

「初秋、中秋、晩秋」と細かくいうと3つに分割できるくらい変化があります。

 

 

「初秋」は夏の疲れを引きずり、台風もくるので湿気もしばしば。そして日中と朝晩の気温の差が激しいのが特徴。⇒ここは夏に消耗した「気」をしっかり補って衣服で外気の調整!

 

 

「中秋」は空気がガラッと変わって一気に乾燥が始まるのが特徴。⇒ここは乾燥対策!

 

 

「晩秋」はそろそろ冷えこみが始まり乾燥と寒さが体感として分かるのが特徴。⇒ここは冷えと乾燥対策!

 

 

こうやって書いてみると約2か月くらいの間に自然の流れはグググッと変わっていくのですよね。

 

 

「気温と湿度の変化」が日々違ってくるので、私たち人間もそれを敏感に感じ取ってそれに合わせた養生が必要になってきます。

特に注意したいのは「乾燥」

 

 

漢方では秋に労わる五臓は「肺」。

 

 

「肺」は乾燥が苦手で潤っている状態を好みます。

 

 

そして体の中でも特に「鼻」「皮膚」「大腸」に悪さをしやすい時季なのです。この3つっていかにも乾燥に弱そう~な感じしますよね。

 

 

「鼻」は乾燥したらすぐに喉がイガイガさん&咳コンコンさん、「皮膚」は乾燥したらカサカサさん、「大腸」は乾燥したら便秘さん、う~んこれはいかん‼

 

 

体の外側からケアと内側からのケア。どっちも大切になってきますね!

 

 

外側からはマスクや保湿クリーム、内側からは潤いの白い食材で(*^^*)

 

 

我が家から見える山もまだ緑でわさわさしてますが、直に紅く染まってくるのでしょう。

今年の秋は大きな大きな自然を間近で見て感じながら、人間は自然の一部であって自然のリズムとともに生きているんだな~ということを楽しみたいと思います。

 

 

皆さんも身の周りの植物や緑にちょっと目を向けて変化を楽しんでくださいね。

 

 

そして秋の恵みに感謝して、収穫の秋、実りの秋も堪能しましょう!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

≪開催講座&ボディケア≫

【ボディケア】
❀9月のご予約❀
⇒ご予約完了となりました

 

【台湾宗元堂ママッサージクラス】
お申込み・詳細はこちら
http://kisaragi02.jp/gallery/201707307601/
【募集中】11月11日(土)&12日(日)の2日間

 

【薬日本堂漢方スクールにて】
お申込み・詳細はこちら
http://www.kampo-school.com/area_seminar_list.php?area=2

❀漢方養生指導士養成講座:初級❀
【募集中】10月18日(水)~全6回コース

❀はじめての漢方入門❀
【募集中】9月20日(水) 10:00~12:10

❀カラダ巡らす「季節の薬膳茶作り」❀
健康と美しさを保つ!薬膳茶でエイジングケア
【満 席】9月18日(月祝)15:00~16:30

秋の養生<体の内側から潤いUP!>
【募集中】10月28日(土)10:30~12:00

冬の養生<冷えないカラダづくり>
【募集中】12月23日(土)10:30~12:00