【植物のちからと薬草たたき染め@薬日本堂漢方スクール】

【植物のちからと薬草たたき染め@薬日本堂漢方スクール】

漢方養生研究家の堀山徳子です。

 

 

週末は薬日本堂漢方スクールさんのワンデイセミナーへ受講生として参加してきました。

 

 

内容は「植物の色と香りのチカラ」の講義と「藍の葉を使った薬草たたき染」。

講師は神戸薬科大学  薬用植物園の沖  和行先生。

 

 

植物と常に触れ合っていらっしゃるからでしょうか。とてもとても穏やかなかたで、この先生はきっと植物と会話ができるんだろうな~と思えるかたでした。

 

 

前半の講義は、面白すぎてメモを取る手が止まらない‼くらいでしてね。

 

 

花の色には意味があってその色で咲き(品種改良されたものは別ですよ)その用途に合わせて使われる、植物は虫に合わせた姿形を持っている、とかね。

 

 

「ほほーーーー!おおーーーーー!」と鼻息荒く(笑)頷きながら、お友達と顔を見合わせて「うんうんなるほどね~」と(*^^*)

 

 

そんな興奮冷めやらぬ状態で、後半の「藍の葉を使ったたたき染め」。

藍の葉は藍葉(らんよう)といって毒蛇や毒虫から身を守るはたらきがあり、殺菌・抗菌作用のはたらきを活かして、日本では布きんや手ぬぐいとして使われることが多いそうです。

 

 

そんな植物園で育てた藍を袋いっぱいお持ちくださり、みんなそれぞれ思い思いに生の藍の葉をトンカチや木槌でたたいていきます。

 

 

葉の葉緑素をたたいてシルクの生地に移し染めていくのですが、これが結構な「無の境地」( *´艸`)

 

 

何も考えずひたすら「トントントントン・・・」。

 

 

たたき終わったらこんなに葉っぱの色が抜けてるんですよ~。小さな小さな葉脈も透けて見えてとても綺麗。

生地のほうにはこ~んなに細かい葉脈1本1本が♡  感動です‼

そして藍の葉で全体を染めていきます。

 

 

最初はこんな薄緑。これが空気にふれることで柔らかな薄いブルーに変わっていくんですよ~。

不思議ですよね~。

 

 

今回は2枚作らせていただきました。いろんな小道具を使って模様を考えるんですけど、やってみないと分からない‼またそこがいいんでしょうね~。

 

 

乾くまで机の下に干しつつ観賞(^^♪

今回はスクールのスタッフさんたちも参加されていたので、記念に写真を(^^♪

 

 

大阪校のスクールに行かれたらこのお二人がいつも元気に迎えてくださいますよ‼

普段、私が薬膳茶を作る時はほとんどのものが乾燥したもの。

 

 

やっぱり生きていたものの意味をしっかり理解したうえで取り扱うとより一層面白いな~と感じたセミナーでした。

 

 

沖先生がおっしゃるには、植物園はこれからが面白い時季だそうです。

 

 

というのは、今まで高いところにあって届かなかった葉や実が落ちてくる時季。しっかりと手で触って目で見ることができるからだとか。

 

 

そう思うと、身近な場所でもいろんなものに出会えるかもね~なんて思いながら下向きながら歩いてみようと思います(^^♪

 

 

日本にも素晴らしい薬草たちがたくさんあります。それを知らないでいるのはもったいない‼ですよね。

 

 

そうそう、家に置きっぱなしになっていたこれらの本、いい機会なので読んでみようと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

≪開催講座&ボディケア≫

【ボディケア】
❀10月のご予約❀
⇒ご予約完了となりました

 

【台湾宗元堂ママッサージクラス】
お申込み・詳細はこちら

http://kisaragi02.jp/gallery/201707307601/
【残席1】11月11日(土)&12日(日)の2日間

 

【薬日本堂漢方スクールにて】
お申込み・詳細はこちら

http://www.kampo-school.com/area_seminar_list.php?area=2

❀漢方養生指導士養成講座:初級❀
【募集中】10月18日(水)~全6回コース

❀はじめての漢方入門❀
【募集中】11月11日(土) 13:30~15:40

❀カラダ巡らす「季節の薬膳茶作り」❀
秋の養生<体の内側から潤いUP!>

【募集中】10月28日(土)10:30~12:00

冬の養生<冷えないカラダづくり>
【募集中】12月23日(土)10:30~12:00