【台湾で見つけた珍しい枇杷のあれこれ】

【台湾で見つけた珍しい枇杷のあれこれ】

漢方養生研究家の堀山徳子です。

 

 

この週末は1日6時間×2日の学びでした。

 

 

もうね、自分の集中力がこうも続かないのかっ!と情けなくなるくらい…(泣)。

 

 

それでもいつかまた皆さんにアウトプットしていけるように、先生の一言一言をもらすまい!とあの手この手で奮い立たせてはみたものの、意識がふっ。。。と彷徨う時が。懲りずにまた来月も頑張ろうと思います!

 

 

今日は、台湾で見つけたちょっと珍しいものをご紹介したいと思います。

 

 

こちらです(*^^*)

枇杷のお花と枇杷の実のドライフルーツ。

 

 

中身はこんな感じです。

珍しいでしょ~??

 

 

日本では枇杷は果物でいただくか、あとは枇杷の葉のお茶とか、枇杷の葉温灸とかくらいしか聞いたこともないし見たこともない。

 

 

果物でいただくとしてもほんと一瞬しか市場に出回らないし、そう何回も何回も食べるわけでもないですよね。私なんかはシーズンに1回買うくらいかな?

 

 

そんなこともあり、これは珍しいし面白いな~と思って商売上手なおじ様から買ってきた次第です。

枇杷の花の効能・作用は、「咳止め&鼻の通りをよくする」。主にカゼの時の咳、ダラダラ流れ出る鼻水によいそうです。

 

 

単品で飲んでみましたが、すこ~し苦味のような酸味のような味を感じるくらいでスッキリとしていて全く問題なくいただけます。

 

 

そしてもう一つ。写真では梅干しみたいな枇杷の実のドライフルーツ。

 

 

これは「川貝、羅漢果、桔梗、麦芽、甘草、薄荷、塩」に浸して作られています。

 

 

このまま食べてもいいし、お湯に入れて蒸らしてもいいし、いろいろ。

 

 

食べたら枇杷の味は全くしません(笑)が、最後にフッと鼻を通る香りが薄荷‼ これまたスッキリ~という感じです。

 

 

枇杷の実は、痰を取り除き咳を止め、肺を潤し津液を作りだし、清熱して胃を元気にする、と説明書きに書いてありました。

 

 

お店のおじ様が「しゃべり過ぎた時とかに食べたら咽喉にいいよ~」と。

 

 

おーーー‼ 講師業のあとに使えるな~なんて思っておりますが、それまでになくなりやしないか?とちょっぴりヒヤヒヤしております。

 

 

私も夫も花粉症ではないのですが、これからくるであろうモゾモゾ~とした春の養生として使っていきたいと思います。

 

 

枇杷の木があるかたは今年はお花を少し積んで乾燥させて秋にお茶として飲まれてもいいかもしれませんね!

 

 

小さい時って枇杷の木ってよく見かけたけれど、最近はちょっと見なくなったかな~?

 

 

それにしても枇杷のお花ってどんなんだろう??今年は私もキョロキョロしてどこかにないか散策してリアルにお花を見てみたいな~と思います(*´з`)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

≪開催講座&ボディケア≫

【ボディケア】
❀2月のご予約❀
ご予約お問合せはこちら

http://kisaragi02.jp/gallery/201802018412/

 

【薬日本堂漢方スクールにて】
お申込み・詳細はこちら

http://www.kampo-school.com/area_seminar_list.php?area=2

❀ひな祭りイベント❀
【いろいろ募集中】3月3日(土)、4日(日)

❀漢方養生指導士養成講座 初級クラス❀

【募集中】2018年春夏期 水曜クラス 4月スタート全6回

❀はじめての漢方入門①②❀
【募集中】4月11日(水)①陰陽と食性10:00~11:00

【募集中】4月11日(水)②五行と食味11:00~12:10

❀カラダ巡らす「季節の薬膳茶作り」❀
春の養生<巡りをよくしてリラックス&デトックス>

【満席】4月1日(日)13:30~15:00