【いろいろ節目の2月】

【いろいろ節目の2月】

漢方養生研究家の堀山徳子です。

 

 

2月はいろんな振り返り記念日があります。

 

 

小旅行で穏やかな景色を観ながらちょっと振り返ってみました。

夫(24日)と私の誕生日(25日)、そして台湾から戻ってきた日(24日)、そして個人で活動を始めた日(24日)。

 

 

あれやこれやと2月に集中しております。

 

 

夫〇歳、私47歳、台湾から帰ってきて丸5年、個人で活動を始めて丸2年が経とうとしています。

 

 

誕生日はまぁおいといて。

 

 

日本に戻ってきてから地味~に地味~にではありますが、常に前に前に進めた5年間だったと思います。

 

 

今のようなお仕事をしているなんて5年前には全く想像もしてなかった!

 

 

最終的に決断するのは自分であっても、いつもいろんなかたの後押しや見えない部分でのフォローがあったからこその前進だったと思います。

 

 

本当に私と関わってくださった皆さまに心から感謝いたします。ありがとうございます‼

 

 

人間生きてる間、どれだけのかたとご縁をいただけるのか?

 

 

それを考えると出会って何かを一緒にさせていただくことって奇跡だと思いますし、本当に大切な大切な時間だと思います。

 

 

それでも私の中で1つだけ気を付けてきたことがあります。

 

 

「環境を整えること」

 

 

5年前、日本に戻ってきたとき、夫とこれからの人生どう生きるか?を本気で考える時間を何度となく持ちました。

 

 

私には前職への復職、という選択肢があったのですがそれは選ばず今の生き方を選択しました。

 

 

何も前職に戻るのがイヤだった、というのではなく、私の性格上、戻ったら家庭をかえりみずガンガン仕事にのめり込んでいくのが目に見えていたから。そして少し驕った言い方をすれば会社もそういうふうな動きを求めてくる、ということも想像できたから。

 

 

私は仕事が大好きで大好きで結婚していても家には寝に帰っているような状態でした。

 

 

お財布も別々、ご飯を食べる時間も別々、休みも別々、自分が休みの日はほとんど寝てる…とまぁよくこんな私と一緒に過ごしてくれたと思います。本当に何もできない嫁で、ほこりが積もろうが着替えがなくなるまで洗濯しなかろうが、文句ひとつ言わずいろいろと助けてくれたのが夫です。

 

 

前職に戻ったらまたあんな生活に近いことが起こってしまう、そんな気がしてそれだけは絶対にしたらあかんなー!と台湾在住5年のあいだにスイッチが入れ替わったんです。

 

 

何よりもそんな生き方は自分を大切にしていない、と思ったんですよね。

 

 

自分を大切にできない人は他人を、ましてや家族を大切にはできない、と実体験してますから(;^ω^)

 

 

私は仕事が右肩上りに忙しく楽しい時にスパーンと退職をして夫の海外赴任に帯同したので、台湾に行った時は何をしたらいいのか分からない専業主婦1年生だったんですよね。

 

 

最初は自分が台湾に何をしにきたのか分からなくて(本当は分かっているのにね)、居場所というか立ち位置もなくて精神的におかしくなっていたんです。

 

 

でもよくよく考えたら、自分が仕事をやめて夫に着いてきた異国の地。夫を支えるためだったんですよね。

 

 

そんなことが実感としてやっと理解納得し始めたのが台湾で生活を始めてから約1年たったころ。おっそーーー!って感じでしょ( *´艸`)

 

 

でね、そのくらいから考え方がガラッと変わり始めたんです。

 

 

「私は人生の中でも仕事人としても女性としても一番輝いていた時期にシャカリキになって仕事だけをして本当に自分を大切にした時間ってあったんかな?」「なんであんなにガツガツ仕事だけに必死になってたんだろう?」「お金も貯めず、飲み代、洋服代、タクシー代にいくら消えていったんだろう?」

 

 

まさに井の中の蛙大海を知らず、です。

 

 

そんなことが考えられるようになってからは、仕事を辞めて台湾に来たことで、ものすごく長~い長~いお休みを神様からもらったんやろうな私、って思えるようになってきましてね。それも夫のおかげで。

 

 

台湾在住5年の間に自分のために生きることを、そして先々のことを考えながら生きるよりも今を大切に生きるという生き方をしてきたように思います。

 

 

私が台湾にいた時、リーマンショックがあったり、3.11の東日本大震災があったり、四川の大地震があったり、といつ何が起こるかわからないことが次々と起こった時期でした。

 

 

そんなこんなで日本に戻ってきてから「自分の感情の針を振り切らせながらの生活はやめよう」と思ったんですね。

 

 

人間なので当然ながら感情はあります。

 

 

でもその感情の起伏が激しくなる環境を自ら作り出さない、自らそこに足を踏み入れない、これだけは気を付けようと思ったところへ漢方の学びが入ってきたわけです。

 

 

そりゃ~、どんどん魅かれてハマるわけですよ(*´з`)

 

 

漢方の考え方の1つである「中庸」、どちらに偏ることなく真ん中であること、という意味。

 

 

そのためにはいろんな養生があります。

 

 

そのなかでも現代病の1つとなりつつある人間関係も環境を整えるという意味では重要。

 

 

これはね~、残りの人生の時間を考えると、人間関係でゴタゴタするなんてそんなことに時間をかけている暇はないですし、もったいないことですよ。

 

 

自分がこの人たちと一緒に過ごしてると幸せだな、と思える人と時間を共有する、でもつるまない、基本は1人。コレです。

 

 

なので知らず知らずのあいだに音沙汰のなくなったかたもいらっしゃいますし、私自ら離れていったかたもいらっしゃいます。

 

 

そりゃぁそうですよね。私がそう思うってことは相手もそう思うはずですから。これが縁です。

 

 

そう思うと、私が仲良くさせてもらってる漢方仲間はみんなマイペース。いろんなことにも口は出さない。でも肝心な時にはグッと近寄れる。そんな素敵な仲間に漢方を通して出会えたことは私の宝物だな~と思います。皆さま、本当にありがとう♡

 

 

ということで私にとって「環境を整えること」は自分を大切にする養生法の1つです。自分が穏やかであるために、ね。

 

 

カッコ良く聞こえるかもしれませんが、もっとどんズバ&どストレートにいうと、直観的にヤダな~とかお付き合いでほにゃららら~とかいうのに手を出すのは時間の無駄、気の無駄遣い!ということです(*´з`)

 

 

そんなこんなで2月は私にとっていろいろと振り返りをするいいタイミング。

 

 

最後に。夫と2人合わせて102歳のお誕生日をお祝いしておっきいケーキを(*^^*)

なんだかんだと言っても一番感謝しているのは夫です。本当にありがとう!歳が少し離れているので、一番心配なのは私が先に死んでしまうこと( *´艸`)そうならないように養生して過ごしたいと思います。

 

 

3年目の漢方養生研究家の堀山徳子、これからも日々穏やかに過ごせるように努めてまいります(*^^*)あらためましてどうぞよろしくお願いいたします。長文大変失礼いたしました。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

≪開催講座&ボディケア≫

【ボディケア】
❀2月のご予約❀
ご予約受付は完了いたしました

 

【薬日本堂漢方スクールにて】
お申込み・詳細はこちら

http://www.kampo-school.com/area_seminar_list.php?area=2

❀ひな祭りイベント❀
【いろいろ募集中】3月3日(土)、4日(日)

❀漢方養生指導士養成講座 初級クラス❀

【募集中】2018年春夏期 水曜クラス 4月スタート全6回

❀はじめての漢方入門①②❀
【募集中】4月11日(水)①陰陽と食性10:00~11:00

【募集中】4月11日(水)②五行と食味11:00~12:10

❀カラダ巡らす「季節の薬膳茶作り」❀
春の養生<巡りをよくしてリラックス&デトックス>

【満席】4月1日(日)13:30~15:00