【夫の腰痛ケア】

【夫の腰痛ケア】

漢方養生研究家の堀山徳子です。

 

 

春分の日前後、寒かったですね~。思わずお出かけもダウンを着込んで真冬の格好でした。

 

 

それでも植物たちは春に向かって太陽の陽射しに向かって一生懸命。写真は近所の公園のハクモクレン。とっても元気‼

ついでにいろんな虫たちもブンブン。。ベランダに出るたびにドキドキもの、さすがにお山の近くだけあって自然を身近に感じられます(;^ω^)

 

 

自然界も陰から陽に変わってこれからグングンいろんなものが動き出す時です。

 

 

そんな時、夫が「ん?おかしい・・・、腰、やばい感じがする・・・」と。

 

 

最近夜中も足がつることが多かったみたいで「冷えてるんちゃう?」と言っていたところ。

 

 

皆さんもこの気温の急激な変化で「あれ?なんかおかしい??」なんて思われているかたも多いのではないでしょうか?

 

 

これって体の中にジーーーッとしていたものがフツフツと外に出始めようとした証拠。

 

 

自然界と人間の体ってこんなにリンクするんやな~とちょっと感動しますね、これも漢方からの教え♡

 

 

ま、それはさておき、夫は学生時代にアメフトをしていたので、普通の人よりも腰も膝も相当なガタガタさんです。そして体が大きい。。。

 

 

つまり何かがあってからでは私が大変なわけなんですよね~~(*´з`) あの大きな体を支えて・・・というのはどう考えても無理です。

 

 

先手必勝!病気の芽を早く摘み取ってしまうということ、これが未病対策の考え方。

 

 

ということでこういう時は初動が大切‼

 

 

ご近所のスポーツトレーナーをされている感じの鍼灸院に飛び込み、患部は先生におまかせ。

 

 

症状が緩解期であれば私のケアで十分いけますが、今回は発症寸前という状態だったので専門家におまかせしたほうがいいというチョイスです。

 

 

私ができることはその後です(*^^*)

 

 

養生やセルフケアが好きな私でもそれだけに頼ることは全くありません。

 

 

「ヘンやな。。。」と思うことは、病院やクリニックに行って「なんともないですよ」というお言葉をいただいてからしか手を出すことはしない性格です( *´艸`) 特に痛みが伴う場合は要注意です。

 

 

私のお役目は、患部のケアではなくその周辺の流れをよくすることです。

 

 

こんな時はリフレクソロジーと推拿(すいな)。

 

 

特に夫も体に関しては「経絡もツボもある!」ということを体感してきている人だけに私もやりやすい(^_-)-☆

 

 

まずはしっかりと足を温めてから。

今回は腰、それも左腰。ちょうど仙骨と寛骨のあいだくらい。いつもココです。

は-い!ここで問題です。

 

 

足裏女子友の皆さま~~、さてさて足のどこを揉みましょうか???シンキングタイムです(*´з`)

 

 

5、、、

 

 

4、、、

 

 

3、、、

 

 

2、、、

 

 

1、、、

まずは写真ピンクの左側ですね~。必ずこの場所に「反射点」があるはずなのでそれを見つける(*^^*) 今回も左側にゴロン!と軟骨なみの反射点あり‼

 

 

そしてもうひとつ。

腰回りの神経の刺激、そして血流をよくするために腰の外側になる部分(上記写真ピンクの部分)も揉みますね。

 

 

腰は「体の要」というので、症状のある左側だけでなく右側も。

 

 

それから骨のつながり、筋肉のつながりも考えて写真グリーンの部分(胸椎、腰椎)も揉んでいきます。

 

 

手指では反射点は見つけにくい、でも私が台湾で習得してきた棒を使って揉む方法は問題点となる「反射点」を見つけることが得意なんです。

「反射点」を見つけないことには問題解決にはならないと私は思っています。

 

 

・・・という感じで、私なりに足裏はまずはここをしっかり揉むようにしています。

 

 

そして推拿(すいな)でお尻周りの筋肉、背中の筋肉、太もも&膝下の筋肉をほぐしていきます。

 

 

ここまでやって約1時間。。。ふ―――っ‼

 

 

これで何とか普通に歩けるようになってちょっと一安心です。

 

 

本当はこうならないように日々のケアをしておくのが一番いいのですけどね( *´艸`)特に持病をお持ちのかたならなおのこと。

 

 

ま、私がサボっていたからですね。。。すみません。。。

 

 

症状が治まってきたら気温も上がって体も動きやすくなるはず。少しずつ足腰使う運動も一緒にしていこうと思います。

 

 

「なんかいつもと違う、ヘン」という時に自分でできるケアはせいぜい数日。それを過ぎても良くならない時は病院に行きましょう!そして先生の話をよく聞く。←ここが一番大切。先生の話を聞いて分からなければ質問をすることです。

 

 

私は先生の話をよく聞いて質問もしてその後は自分で判断します。薬を買わずに帰ることもありますし、薬を買ってちゃんと飲むときもあります。薬が嫌いなわけじゃなく必要のないものならば体に入れない、その代わり自分でできる自信のあることを徹底的にする、でも急性ですぐになんとかしないといけないものであれば薬を飲む、という方針です。

 

 

皆さまも季節の変わり目、どうぞ自分の体の声をよく聞いてみてくださいね。

 

 

次回は母の体調不良に備えて・・・アロマテラピーでのケアのお話をしてみたいと思います(*^^*)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

≪開催講座&ボディケア≫

【ボディケア】
❀3月のご予約❀
ご予約受付は完了しました

 

【薬日本堂漢方スクールにて】
お申込み・詳細はこちら
http://www.kampo-school.com/area_seminar_list.php?area=2


❀漢方養生指導士養成講座 初級クラス❀

【募集中】2018年春夏期 水曜クラス 4月スタート全6回

❀はじめての漢方入門①②❀
【募集中】4月11日(水)①陰陽と食性10:00~11:00

【募集中】4月11日(水)②五行と食味11:00~12:10

❀カラダ巡らす「季節の薬膳茶作り」❀
春の養生<巡りをよくしてリラックス&デトックス>

【満 席】4月1日(日)13:30~15:00
【募集中】4月11日(水)13:30~15:00

梅雨の養生<水の巡りを整える>
【募集中】6月3日(日)13:30~15:00
【募集中】6月20日(水)15:00~16:30