【乳がんは自分で発見できる唯一のがん】

【乳がんは自分で発見できる唯一のがん】

漢方養生研究家の堀山徳子です。

 

 

TVやSNSから流れてくる豪雨による被害の大きさに言葉を失いつつ、心を痛めるだけでなく、祈るだけでなく、微力であっても私は私ができることをやります。明日は我が身、と思って。ね(*^^*)

 

 

ただこういった大災害を何度繰り返してもマスコミの対応に進歩がないことがとても残念ですね。私がマスコミ関係のトップならこうするのに!というのをいつも考えてしまいます。

 

 

さてさて突然ですが、女性の皆さま、乳がん検診は行かれてますか??

 

 

私は20代で乳腺症といわれてから毎年乳がん検診は受けています(子宮がん検診もね~)。

 

 

超音波の時もあればマンモグラフィーの時もあります。が、ここ最近はいろいろ自分で調べて自分で納得したうえで超音波のみ。

 

 

でもね、先日人間ドックで先生から2年に1回はマンモ受けたほうがいいよ~、といわれ「私のおっぱい触って本気で言ってんの?私のおっぱいは受けたほうがいいおっぱいじゃないと思うんだけどな~」なんて思っていたわけです。

 

 

そんな時にタイミングよくこんなセミナーに参加させていただきました。

お話をお伺いしたのは、Ruban  Roseの飯田智子先生(ブログはこちら)。

 

 

飯田先生は都内大学病院で看護師として勤務中、乳がんに罹り、現在は非常勤の看護師としてお仕事をされています。

 

 

またご自身の経験をもとに発足されたRurban  Roseでは乳ガンのセルフケアの大切さを全国に伝える活動をされています。

 

 

私は常々自分の体で気を付けないといけないな、と思っていることがあります。

 

 

それは「出産をしていないから何か起こることがあるかもしれない」ということ。

 

 

妊娠できる体であるにも関わらずです。

 

 

これってね、私が生きる軸としている漢方の考え方からすると、自然の流れに沿っていないよな~と思えることなんです。

 

 

そんなこともあって、私は子供を作らないという選択をした以上、自分の体の中で婦人科系については何かあってもおかしくないと思っています。だから自分でちゃんとケアもするし、検診も受けよう、それが自分の体への責任だと思っています。

セミナーの中ではこんな模型を触ることで、がんのしこりと乳腺のしこりの違いを体感させていただきました。

 

 

飯田先生は「乳がんはがんの中でも唯一自分で発見できるがんです」と。

 

 

実際、ご自身もご自分で見つけられたとのことです。

 

 

私は乳腺症なので、胸はあちこちにゴリゴリがあります。なのでこれはいつもの乳腺症なのか違うのかというのはなかなか自分で判別がつかず検診を受けています。

 

 

でね、とってもびっくりしたのは、大阪ってね、乳がんの検診受診率全国ワースト2位(2013年度)らしい。。。それも対象年齢の女性のうちの40%にも満たないとのこと。

 

 

何もなければいいけれど、「恥ずかしいから」とか「親が乳がんじゃないから」とかいうそんな理由なのであればもう少し自分の体に向き合ったほうがいいと思います。

 

 

乳がんは2003年では23人に1人だったのが、2015年には11人に1人、と言われています。

 

 

超音波でわかることわからないこと、マンモグラフィーでわかることわからないこと、それぞれあります。

 

 

またマンモグラフィーだと被曝量のことも気になりますよね。

 

 

こういうことは一度自分でしっかり調べたほうがいいと思います。

 

 

必要以上に怖がることはないけれど、女性として知っておくべきことだと思います。

 

 

セミナーの中で飯田先生が是非たくさんのかたに知ってほしい!と仰っていらしたことを今日はここで書き留めたいと思います。

 

 

「ご自分のおっぱいがデンスブレストなのかそうでないのか?」ということです。

これはマンモグラフィーを受けるとわかります。

 

 

左2つの画像は脂肪性乳房、右2つの画像はデンスブレストといい、このデンスブレストのかたは乳腺が高密度であるためガンが見つけにくいタイプなのです。

 

 

デンスブレストというのは「高濃度乳腺」ということで乳腺が高密度で病変が見つけにくく、日本人女性の約70%がこの高濃度乳腺らしいです。

 

 

なので、マンモグラフィーを受けたかたで「異常なし」という検査結果がでても医師に「私の胸はデンスブレストですか?」と聞いてみてください、ということでした。

 

 

そしてもし「そうですね、デンスブレストですね」と言われたかたはマンモグラフィーでは病変は分かりにくいので超音波が有効な検査方法になるそうです。

 

 

まさにこれが私のおっぱいです。

 

 

でも年齢ととともに乳腺のハリも減ってくるのでマンモグラフィーも合わせながら検診をしたほうが良い、と今回飯田先生よりアドバイスをいただいたので少し考えてみようかな?と思っています。

 

 

検診を受ける受けないは個人の自由です。

 

 

でもね、今回の豪雨の被害、決壊するなんて思わなかった河川の決壊、いろんなことを考えると「自分のところには起こらないということはない」ということを教えてくれています。

 

 

自分の体を鏡で見て触れること、いつもと違うところがないか?サインをだしていないか?という、漢方の考え方の中の「望診」の大切さを改めて考えるきっかけになりました。

 

 

私は自分の体で何かいつもと違った場合、「様子を見るのはどんなに長くても1週間」、それ以上続く場合は即病院に行く、という期限を決めています。

 

 

それを超えてもその症状が続く場合は「何かがおかしい」んです。

 

 

何もなければそれでいい、でも何かあってからでは遅いですからね。

 

 

私だけの問題ではなく、家族もしんどいですからね。

 

 

今回のセミナーに参加して、「やっぱり自分自身にもっと関心を持つ人を増やしたい!」「「まず自分で養生ができる人を増やしたい!」という想いがますます募りました。

 

 

最後に今回のセミナーを主催してくださった延与(えんよ)とも子先生のブログをリンクさせていただきます。

 

 

延与先生のブログ(ブログはこちら)に今回のセミナーのレポが書かれていますので是非ご覧になってくださいませ(*^^*)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

 

≪ボディケア&開催講座≫

【ボディケア】
❀7月のご予約❀
ご予約受付は完了しました

 

【台湾宗元堂足健法】
❀ママッサージクラス❀
【残2席】9月29日(土)&30日(日)
お申込み・詳細はこちら
http://kisaragi02.jp/gallery/201807038779/

 

【薬日本堂漢方スクールにて】
お申込み・詳細はこちら
http://www.kampo-school.com/area_seminar_list.php?area=2

❀カラダ巡らす「季節の薬膳茶作り」❀
夏の養生<薬膳茶で夏バテ対策!>

【募集中】7月18日(水)14:30~16:00
【募集中】8月18日(土)10:30~12:00

健康と美しさを保つ!!<薬膳茶でエイジングケア>
【募集中】9月17日(月祝)10:30~12:00

❀はじめての漢方入門❀
【募集中】8月11日(土)10:00~12:10
【募集中】10月3日(水)10:00~12:10

❀漢方養生指導士養成講座 初級クラス❀
【募集中】2018年10月クラス 全6回