私と足部反射区健康法の出会い

私と足部反射区健康法の出会い

今日は昨日のブログ内容から、私が足部反射区健康法を習い始めたきっかけを書き留めておきたいと思います。

 

私が台湾に住んでちょうど1年経ったころ、急性胃炎にかかり、立ってることも、横になることも何をするのにも胃が痛くて、自分でも何が起こっているのかが分からない状態が約1ケ月続いたことがありましてね。

 

 

その間、お薬(普通の西洋医学の病院です)を飲んでいたんですが、ちーっとも良くならない。もう胃が痛くて身体を曲げながらの生活をしておりました。(この時は、漢方や中医学のことは全く知らず、逆に胡散臭いと思っていた私(・_・;))

 

 

それを見かねた夫が、「だまされたと思って宗元堂行ってみーひん?なんか日本人結構来てはんで。」と。

 

 

夫は腰痛持ちで少し前から整体をしてもらいに宗元堂のヤン先生のところに通っていて、ヤン先生の整体のおかげで腰痛が少しずつラクになっていたんですね。

 

 

でも宗元堂の基本施術は足裏

allその時、私は足裏を触られるのがだーーーーーいーーーーーきーーーーーらーーーーーいーーーーー!!と叫ぶほど、嫌いでしてね(*_*;

 

 

というのもですね、台湾に引っ越した当初、観光客気分で足裏マッサージのお店で足を揉んでもらい、その日から揉み返しで2日間吐き続け、寝込んだ。。。というかなりサイアクの印象しかなかったわけですよ。

 

 

ま、それでもこの胃痛をなんとかしてくれるのなら。。。とイヤイヤながら藁にも縋る思いで行ってみました。

 

 

宗元堂には優しい穏やかなお顔のヤン先生とその奥様の苅田先生(日本人でーす)。(その笑顔が怪しい・・・とどこまでも疑い深い私。。。

 

 

今までの症状を伝えると、ヤン先生が「舌見せて!」と。「はい。」

 

 

「足出して!」と。「はい。」(あーーー、何されるん~?いややな~~と心の中で小さく叫ぶ私

 

 

なんかちょこちょこと棒で足裏を触って、「ベッド寝て!」と。「はい。」

 

 

そしてここからヤン先生の超スーパーソフト整体が始まったのですよ。 私、生まれて初めての整体です。なにするんよ~もうこわいこわい!!

IMG_1094.jpg加工

モデルは夫です^m^

それが、全くボキボキとかするわけではなく、ズレてる首や背骨を整えていくだけだったんです。

 

 

そしてちょうど胃の裏くらいにある背骨の矯正の時に「パコッ♪」という軽い音がしたんですよね。そしてヤン先生は気功もされるので、その部分に気をいれてくださったのです。(この時点でもまだ怪し~いと偏見の目で見る私

 

 

終了~。

 

 

へ?終わり?こんだけ?いけてんの?・・・これが私の正直な感想。

 

 

とここまで書いてみてえらく長いことに気付きました。そのあとの結果は・・・続きはまた明日(*^_^*)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。それでは今日も笑顔で(*^_^*)いきましょね!!