化膿には、コレとアレ

化膿には、コレとアレ

先日、ご飯を食べている時、夫の唇がなんかヘンだな~と思いましてね。

 

 

「ねーねー、なんか下の唇、違和感ない~?」と聞いてみたのです。すると、「こんなんなってんねん」と唇をベロッとめくって見せてくれたんですが。。。

 

 

直径1センチくらいの化膿したかたまり。。。(汚くて画像載せれません・・・

 

 

「痛くも痒くもなくてさ、水筒のお茶でヤケドしたんかな~?て思ててん」と。

 

 

うーーーーん。どう見てもヤケドじゃない。化膿しとりますがな(>_<)

 

 

私がイベント続きで、ちょっとばかし食生活を乱していた(ごめんなさい<m(__)m>)ので、それやな~と思い、すぐさまブレンドのお茶を作ってみました。

11037307_783537391737560_8558851361272355701_n

とにかく熱を取って~、膿を取って~、胃熱を取って~、追い出す。そんな薬草たちをセレクト。

 

 

左から順に、はぶ茶、どくだみ、桑の葉、クマザサ。

 

 

化膿してたり、炎症を起こしているということはそこに熱がこもっていることになります。そして口や唇に何かトラブルが起こるのは脾(胃)と考えられています。

 

 

まずは先に表面に出てきている症状を取ってから根っこの部分に対応していく。これが漢方の考え方。

 

 

そして、早目の就寝。実はこれもとても大切な要素です。お茶だけでなく、身体の機能を休めて、寝ている間にしっかり修復させるためです。

 

 

それでですね、翌朝、またまたベロッと唇をめくってもらうと、化膿していた部分はほぼ引いてましてね、これには私もちょっとビックリ!!(良かった~~

 

 

薬草たち、いい仕事してくれはりました(*^_^*)そしてしっかり眠ったことも相乗効果として良かったと思います。

 

 

ということで、コレ=薬草たち、アレ=睡眠、でございました(^^♪

 

 

・・・とはいうものの、そうならないようにするのが私の役目。

 

 

あ~、今回は反省。。。ごめん。。。気をつけまーす(>_<)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。それでは今日も笑顔で(*^_^*)いきましょね!!