牡丹と玫瑰花

牡丹と玫瑰花

こんなものをいただきました(*^_^*)

11068290_787260144698618_2986845099597221066_nこれ何かわかります???私、初めて見ました。それにしてもコロンとしてて可愛い♡

 

 

ちょっと比較用に。これは??

549282_787260201365279_4321563460183071565_n

これは玫瑰花(まいかいか)といって、バラのつぼみで、漢方養生茶でもよく使う食薬です。こっちはメジャー選手ですよね~。

 

 

余談ですが、中華圏ではバラを玫瑰と書きます。日本の読めるけど書けない薔薇は使わないのですよ^m^。

 

 

並べて比べてみると、

11130127_787260094698623_1964200586308254291_n

で、で、でかい!!!!!!

 

 

この左の大きいのは牡丹のつぼみなのです(*^_^*)

 

 

牡丹は根っこの皮が牡丹皮(ぼたんぴ)と呼ばれ、漢方薬の生薬にも使われています。今回はそのお花の部分。

 

 

まいかい花よりも香りは優しくふんわりとした感じ。

 

 

どんな効能があるのかな~?と思い、調べて見ると、

*浄血作用

*鎮痛作用

*消炎作用

*月経痛や月経不順、PMS症候群など婦人病の症状

 

 

ということで、血が滞っているタイプの瘀血体質のかたに良さそうですね~(^_-)-☆見た目も似ていましたが、効能もまいかい花とよく似た内容のようです。

 

 

花びらは開くのかな?と思い、お湯に入れてみると、

11138650_787260034698629_8483499308783757490_nなかなかつぼみは固くてふやけるのにも時間が少々かかりそうです(^_^;)でも本当に香りがほんわかしていてとてもリラックスできる感じでしたよ~。

 

 

頂戴したかたにお聞きすると、お茶に入れるのはもちろんのこと、お湯とお酢に浸して、ちらし寿司の時に上にちらしたりするとキレイよ~とのこと。(ステキ~♡

 

 

私はもっぱらお茶として使うと思いますが、今ならうちに来ていただくお客様にはちょっとお出ししてみようかなぁ?と思っています。あたったらラッキー~♪ということでお楽しみに(^_-)-☆

 

 

私が薬草&食薬のお茶関係のお仕事をしているせいか、いろんなかたから珍しいものを頂戴する機会が増えてとっても勉強になります(^O^)そして、そろそろそれ専用の冷蔵庫が欲しいな~なんて贅沢なことを考えている私。いつか買いたい・・・な・・・(^◇^)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。それでは今日も笑顔で(*^_^*)いきましょね!!