~日々是養生~

        ~日々是養生~

【私の漢方養生LIFE vol.3~感情の振れ幅はできるだけ小さく~】

【私の漢方養生LIFE vol.3~感情の振れ幅はできるだけ小さく~】

漢方養生愛好家の堀山徳子です。


≪私の漢方養生LIFE≫は、わたくし堀山が中医学・日本漢方を学んできたうえで、” 少々のことではへこたれない体の土台作りについて継続している養生法をまとめたもの ”です。日々簡単に力まずお金をかけずにできるものばかり。なんとなくやる…のではなく、私なりにそこにちゃんと理論理屈をリンクさせた養生法体の土台作りは継続してこそです。皆さまのお役に立てましたら幸いです😊




冒頭からなんですが、少しいいニュースが入ってきましたね。「自民・公明が企業支援策」、 「現金給付、所得減世帯に30万円 」。この内容をどう捉えるか?は個人個人違いがあるかと思いますが、来週の政府の緊急経済対策をしっかり見たいと思います。これで「お金より命」が優先される動きに変わっていけばいいのにな、と思っています。


そして本当に本当に困っている「個」にお金や物が届くようになってほしい、と思います。


さて、今日は≪私の漢方養生LIFE≫シリーズをお届けいたします。


実はこのシリーズを書き溜めていこうと思い立ってから、メモ書きであれこれ書き出していたら、すでに30個くらいでてきました。当分ブログネタには困りませんが、ぼちぼち書いていきますね。


では今日も 「今こそ基本に戻って体の土台作り、一緒にやっていきましょう!」、スタートです。 (←いつのまにやら前振りっぽくなってきました笑)

≪私の漢方養生LIFE vol.3~感情の振れ幅はできるだけ小さく≫

毎回どんな流れで≪私の漢方養生LIFE≫を書いていこうか考えています。実は今回も他のものを書き始めていたのですが途中でやめ、その次のも途中でやめ、そんな感じです。


できるだけ、今の社会情勢に合うものを優先して書いていくことで、私だけでなく、お読みくださっている皆さまにとって活用できるものであればいいなと思っています。


そんな中での今回の~感情の振れ幅はできるだけ小さく~。


漢方を勉強していたら全員が目にする「七情(しちじょう)」という「怒・喜・思・悲・憂・恐・驚」7つの感情。体の内側からの病気の原因としてあげられるものです。心と体は繋がっているからですね。


どの感情もあって当たり前。あるのが普通。だからそういう感情があることが悪いことでは全くないのです。


ただ、この7つの感情がいつもより激しく出過ぎたり、急にバンッと出てきたり、長く続き過ぎたりしたときに体の通常のはたらきをダメにしちゃうつまり体を壊して病気を引き起こしてしまうということになるのです。

この音量のハリがバーーンと赤いところに急にいく感じとか、ずっと赤いところにいてる感じ。これってステレオによくない状態ですよね。(私、学生時代は放送部にいてこんな機材を触っていたのですごく懐かしい写真!)


ふーーん、そうなのか~、って感じでしょうか?だって、それでもでてくるのか感情でしょー?理屈はわかるけど、そういう環境にいたらしょうがないやん?って思いますよね。


・・・・・・


・・・・・・


私もそう思います。


ただね、こういうことを知っているのと知らないのとでは「不安度が違う」ってことなんです。知っていたらやみくもに不安にならない、知らなかったらやみくもに不安になる、ということ。


感情の振れ幅が大きい時はそれはそれでまずはちゃんと受け止めること。「あっ、私今ものすごく怒ってる、ものすごく悲しんでる、ものすごく怖がってる」などなど。


そこからでいいと私は思っています。


感情を抑え込むことを感情のコントロールというふうに思うかたもいらっしゃるかもしれませんが、私はそれでは何も解決しないし、それこそ病気にまっしぐらだと思っています。まず自分の感情をちゃん受け止めることからでいいんですよ。そこからどうする?でいい。


でね、いろんな感情が出過ぎた時にはどうしたら少しでも落ち着けるかが必要です。これはね、人によって違うと思います。


ちなみに私は、2月だったかな?久しぶりに怒りの感情が爆発した時があって、どうやって落ち着かせたか、というと美しい景色と波の音に助けてもらいました。たまたまその時、石垣島にいたのでそういう景色が目の前にあったので幸運でした。そして大ファンのピアニスト牛田智大さんの超~~~ヘタクソなけん玉シーン動画。もう笑けて涙がでるくらい。。。


そうこうしているうちに呼吸が調ってきて、「私、まだ怒るという感情あったんやな、はー、ごめんごめん私。無駄な力つこてしもたわ」と冷静になっていった記憶があります。


感情ってね、その感情をぶつけられた相手にもイヤな想いをさせてしまいますが、一番傷つくのは自分。だから早めにもとに戻す方法を自分で普段から見つけておくことが必要になってくると思います。


ちょっと長くなってきたので、ここでまずここまでの内容をまとめますね。

◉出てくる感情はまず受け止める
◉過剰な感情が体のバランスを崩すことを知っておく
◉自分が落ち着くもの、好きなもの、ホッとするもの、和むものを決めておく

さて、ここからは少し漢方理論と繋げていきましょう。今日も長い。。。ごめんなさい。


上述した7つの感情。この感情は漢方では五臓(肝心脾肺腎)ととても深い関係があります。


怒⇔肝、喜⇔心、思⇔脾、悲・憂⇔肺、恐・驚⇔腎


そして「感情が出過ぎている時は五臓のはたらきを悪くする」、だけではなく、「五臓のはたらきが悪い時は感情が出やすくなる」という双方向の関係があります。鶏と卵の関係みたいなものですね。


これが漢方の古代からの教え「体と心はつながっている」という「心身一如(しんしんいちじょ)」に繋がってきます。どっちかだけ調えてもダメ、どっちも調えないと元気には過ごせない、ということです。


でね、そんな中でも私はやっぱり五臓(体)を調えておくことが先のように思っています。それは、先ほども書きましたが、感情って知らず知らずにフッと出てくるものだから。それとね、ボディケアのお客様をみていて感じることも多いから。


そしてその出てきた感情が過剰な出方をしないようにしようと思ったら五臓のバランスを普段からとっておくことだと思うのです。つまり、それぞれの五臓が担っているはたらきがスムーズに動くように普段から体の土台作りをしておくということ。


そのためにはどうしたらいいの?というのは≪漢方養生LIFE vol.2~目覚めたら五臓をONにしよう≫(記事こちら)も参考になると思いますのでまたご覧になってみてくださいね。


でね、私が普段やっている簡単養生法としては、自分1人の時は「何回も深呼吸していらないものを吐き出す」。もし心許せる人がそばにいるなら「背中をさすってもらう」ことをします。


呼吸でいらないものを吐き出す、という内容は、私の授業をお聴きくださったことがあるかたは覚えてくださっていますでしょうか?「お風呂であ”————-」といって吐き出すあの方法。うーん、文字では伝わらないですね。初めて聴くかたはごめんなさい!いつかお会いした時に実演します。


それから背中をさする、という内容は、背中には五臓につながる「経穴(ツボ)」があるからです。体ってほんとすごいですよね!

肩甲骨と肩甲骨の間、首からウエストくらいまでを上から下にさする、これでいいです。ただこれは自分ではできないので心許せる人がそばにいるときだけにしてくださいね。自分でするならホットピローとかで温めるといいですね。


ちなみに私は毎日夫を送り出すとき、背中をさすって「はい!いってらっしゃい!」としています。家族のスキンシップにも使えていいですよ。


では最後に総まとめをします。

出てくる感情はまず受け止める
◉過剰な感情が体のバランスを崩すことを知っておく
◉自分が落ち着くもの、好きなもの、ホッとするもの、和むものを決めておく

◉どんな感情が五臓と関係が深いのかを知っておく
◉過剰な感情と関係が深い五臓のケアを見つけておく
◉深呼吸する
◉背中をさすってもらう

こうやってできるだけ体に負担をかけないように、溢れてくる感情の波を少しでも小さくできるといいですよね。


今日も長々となってしまいましたが、まずはできることからですね。


まだまだ先が見えない毎日ですが、後ろ向きにならずきっと何かできることがあるはず!と思いながら楽しく過ごしていきましょうね。


今だからこんなこともあんなことも実はとっても素敵なことだったんだな、と思えます。ちょっとだけ時代が巻き戻された、と思って身の周りの小さな喜びを見つけてみたいと思います。


きっとまた動けるようになったら、あーあの時こんなことしとけば良かったなーって思うだろうと思います。人間、勝手な生き物ですよね。


最後に。前線で頑張ってくださる医療関係の皆さまに感謝して😊皆さま、どうぞ素敵な週末を😊😊


今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

≪出張サロン&開催講座≫

【出張サロン】
当分の間お休みいたします

【2020春夏期 薬膳管理師ベーシック講座】
お申込み・詳細はこちら
⇒中止となりました
⇒ https://kisaragi02.jp/gallery/2020010410275/

【台湾宗元堂 リフレクソロジー家庭保養版】
お申込み・詳細はこちら⇒満席となりました(2.21)
⇒開講延期となりました(2.27)
⇒ https://kisaragi02.jp/gallery/2020011810303/

【薬日本堂漢方スクールさんにて】
お申込み・詳細はこちら
http://www.kampo-school.com/area_seminar_list.php?area=2

❀漢方養生指導士初級クラス 土曜日クラス❀
⇒中止となりました
10:00~13:20 3月21日(土)スタート、全6回コース