~日々是養生~

        ~日々是養生~

【私の漢方養生LIFE vol.11~足首を冷やさないように~】

【私の漢方養生LIFE vol.11~足首を冷やさないように~】

漢方養生愛好家の堀山徳子です。


≪私の漢方養生LIFE≫は、わたくし堀山が中医学理論・日本漢方理論を学んできた中で、「少々のことではへこたれない体の土台作りについて継続している養生法をまとめたもの」です。
日々簡単に力まずお金をかけずにできるものばかり。なんとなくやる…のではなく、私なりにそこにちゃんと理論理屈をリンクさせた養生法体の土台作りは継続してこそです。お役に立てましたら幸いです😊



皆さま、お元気でいらっしゃいますか?私は元気にしております!


数日前から、暑い日も多くなってきたのでこんな時こそ水回りをしっかり掃除しておこう!と思い立ち、洗濯機の掃除を始めてドツボにはまっています。。。そう!!あの黒いペラペラを呼び起こしたようでずっと洗濯槽の金魚すくい状態です。。。汗


台湾在住時に使っていた洗濯機。頑張って動いてくれてますし、問題はないものの12年。そろそろ換え時かな?今年は旅行もたくさんキャンセルしたのでそのお金を洗濯機に回したいなーとたくらんでいます。へへっ。


そんなことを思いながら掃除をしていると暑いのでペタペタペタペタと裸足でフローリングを歩く自分の足を触ってびっくり!冷たい!!


ということで今日は足元・足首について私の漢方養生LIFE、お届けしようと思います。


それでは今日も 「今こそ基本に戻って体の土台作り、一緒にやっていきましょう!」、スタートいたします。

≪私の漢方養生LIFE vol.11~足首を冷やさないように~≫

皆さまはご自分の体調が悪くなるきっかけってご自分でご存知でしょうか?


私の鬼門は2つ。


➀足首の冷え、②睡眠不足


この2つのどちらかが起こってしまうとたちまち体調が悪くなります。だから常にそうならないように気をつけるようにしています。今日は➀の養生法について書いていきますね。


5月も中旬になると、暑くなり服装も薄着になってきましたよね。そして今年はお家にいる時間が長いのでラフ~~な格好になっている私。足元はすでに裸足。。。


ここ数日、お湯を使って洗濯機と戯れている時間が長いのでなんとなく体も火照るし暑いし、ということで靴下も綿のレッグウォーマーも脱ぎ捨てておりました。


でね、ふくらはぎとか足首を触ってみてびっくり!冷たーい!!でも足はあったかい!!このまましていたら体調悪くなるわと思い、急いで足のマッサージしてから指先のない靴下を穿いて、はいOK。


「冷えは足元から」とか「頭寒足熱」と言われるように足元の状態を整えることはとても大切。


中国に「百病従寒起,寒従脚下生( 百病は寒さ冷えから始まる、そして寒さ冷えは足元から生じる)」という言葉があります。


同じように日本でも「冷えは万病のもと」というくらいですから足元が冷えているといろんな不調につながると言えます。


ここでやっかいなのは私のように更年期世代になると「足は温かい(orほてる)のに足首やふくらはぎが冷えている」という状態。この状態だと足元が冷えていることに気づきにくくなるんですよね。


上半身は内臓があるのである程度体温をキープできますが、足首やふくらはぎは心臓から遠いこともあり一旦冷えてしまうとなかなか温まりにくい状態が続きます。


そうすると流れが悪くなってむくみが生じたり、冷えがおなかに伝わっておなかが痛くなったり下痢をしたり、もっとひどいかたになると頭痛がしたり、ということも起こってしまいます。


そんな時、素早く足元を温める方法は「外側から温める」ことです。


例えば、足湯をする、レッグウォーマーをする、温める作用のあるオイルを使ってマッサージをする(例えばジンジャーなど)、お灸をする、などご自分がやりやすいもので構いません。これもどれが温まる感じがするかは人それぞれです。


そんな中で私は、足湯とレッグウォーマー派です。いつも講座の中でレッグウォーマーの穿き方をお伝えするのですが、ポイントは「踵と足首をしっかり包みこんでふくらはぎまであること」。(←これ私の経験上です)


簡単に言うと、靴下の指先がないハイソックスぐらいの長さがベストです。これからの季節は蒸れるのは避けたいので、ちょっと古くなった靴下を置いておいて、指先を切って使うといいと思います。


長めのレッグウォーマーをお持ちのかたはズズズっと土踏まずのあたりまでずり降ろして穿いてくださいね。


では足首を温めると何がいいのか?と言いますと、経絡と反射区という観点から見てみると2つあります。


まず経絡から見てみると、足には五臓につながる6本の経絡(肝・胆・脾・胃・腎・膀胱)が走っています。もちろん細い足首にも6本が密に走っています。この細い足首を温めることでそこから全身に温かい気血を流していく、ということができます。

そして次に反射区から見てみると、かかとの部分は、腰まわり、子宮・前立腺、卵巣・睾丸にあたります。

これは温めたほうがいいのは言わずもがな、ですね。


こんなふうに足元を冷やさない、足首を冷やさないということが、体のしくみ上、養生に繋がる大切なポイントだと言えます。


ではまとめます。

◉足元の冷えはいろんな不調を引き起こす原因になる
◉足元の冷えを早く解消するためにはいろんな方法がある
◉足首の冷えは踵と足首を包み込むことが大切
◉足には肝・胆・脾・胃・腎・膀胱の経絡が走っている
◉踵には腰回り、子宮・前立腺、卵巣・睾丸の反射区がある

冬場は外気が寒いので足元の冷えも感じやすいですし自覚しやすいのですが、これからの季節が意外と忘れがちになってきます。


常に足元・足首が冷えていないかな?と注意していきたいですね!足元・足首が温まると全身の気の巡りもよくなりますよ😊


今日は2か月ぶりに電車に乗ります。ちょっと緊張しますねー。しっかりソーシャルディスタンスを守って行動してきます。


お仕事のかたもおうちで過ごすかたもどうぞ穏やかな気持ちで過ごせますように。そして医療関係の皆さまに感謝して。


今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

≪出張サロン&開催講座などのお知らせ≫

【声のお便り 七十二候のタイミングで配信中】
漢方養生LIFE by NORIKO~七十二候を感じて~
https://stand.fm/episodes/5eb8239615e27e27a77ee8c4

【出張サロン】
当分の間お休みいたします

【2020春夏期 薬膳管理師ベーシック講座】
お申込み・詳細はこちら
⇒中止となりました
⇒ https://kisaragi02.jp/gallery/2020010410275/

【台湾宗元堂 リフレクソロジー家庭保養版】
お申込み・詳細はこちら⇒満席となりました(2.21)
⇒開講延期となりました(2.27)
⇒ https://kisaragi02.jp/gallery/2020011810303/

【薬日本堂漢方スクールさんにて】
お申込み・詳細はこちら
http://www.kampo-school.com/area_seminar_list.php?area=2