~日々是養生~

        ~日々是養生~

【私の漢方養生LIFE vol.13~気遣いは最小限で~】

【私の漢方養生LIFE vol.13~気遣いは最小限で~】

漢方養生愛好家の堀山徳子です。


≪私の漢方養生LIFE≫は、わたくし堀山が中医学理論・日本漢方理論を学んできた中で、「少々のことではへこたれない体の土台作りについて継続している養生法をまとめたもの」です。
***
日々簡単に力まずお金をかけずにできるものばかり。なんとなくやる…のではなく、私なりにそこにちゃんと理論理屈をリンクさせた養生法体の土台作りは継続してこそです。お役に立てましたら幸いです😊



梅雨入り初日からよく降りますね。それでも幼少期を思い返せば、梅雨の時期はずっとシトシトシトシト雨が降っていた、そんな記憶があります。


ちょっと雨が長引きそうなのでベランダのトマトもバジルも部屋の中に入れて待機中。恥ずかしがるからあんまり見たらあかんよ、と苗屋さんに言われましたが、植物たちに話しかける私。まぁまぁヤバイですね。


実はあとシソも欲しいんだけどな~。あとエゴマも。。。ごにょごにょ。。。


それでは今日も 「今こそ基本に戻って体の土台作り、一緒にやっていきましょう!」、スタートいたします。

≪私の漢方養生LIFE vol.13~気遣いは最小限に~≫

私が30代前半のころ、一緒に働いていた尊敬する男性の上司がいらっしゃいました。


そのかたは多分会社の中でも1、2を争うといっても過言ではないくらい「気配り、目配り、心配り」のできるかた。そして言うことは言う。本当に頼りがいのある上司。


ものすごく豪快で体も大きくパッと見た目「こっわ~~~」なかたなんですけど、やることは繊細で詰めが素晴らしく、洩れがない、というかたでした。もうね私、こてんぱんに叩き鍛え上げられたかたです。(今どうしてはるんだろう?遠い目・・・)


あんまり詳しく書くと、私のつながりで分かる人には分かっちゃうかた。多分ここまででもすでに分かるような気もしますけど、汗。


でね、今になって思うのが、あのかたはきっと「相当な気虚気滞だっただろうな」ということです。


気の遣い過ぎ&使い過ぎで気虚になり、虚するから巡りも悪く、夜は夜でお付き合い、いろんなあれこれを抱えてストレスMAX、そして太る。そして体調を崩す。。。うーん、悪循環です。


よく考えたら私がお勤めしていた会社で早くに他界されたかたは本当に気遣いのできるかたが多かったように思います。それも男性ばかり。ストレスの中で企業戦士として走ってくださったかたなんでしょうね。


それだけ「気」を消耗することは「生きるエネルギー」を消耗することに繋がります。


そういう意味では、私もそうですが女性のほうが割と図太くて、サラッとしているのかもしれませんね。


でもその気遣いって本当に必要なのかな?と漢方を学んだ今となっては思います。


全く気遣いや気配りが「ゼロ」というのもいただけませんけどね、普通でいいんですよね。


中医学・漢方を学んできた今の私なら、気の無駄遣いをしている場合じゃない、自分の大切な気はまずは自分のために使い温存しておく、特に年齢を重ねれば重ねるほどです。


気は余ってはじめて人さまのためにも使う、ということが言えます。言い換えると、人さまに気を配りたいのであれば、自分に十分に気を満たす必要がある、ということです。


でも私も中医学・漢方という世界に触れることがなく知らなければ、「気遣いのできる女性」というものに憧れていたかもしれませんね。


中医学・漢方では「気」は「目に見えない体の中のエネルギー」のことです。


そしてこの「気」は、体の新陳代謝を促し、体温を一定に保ち、外邪から守り、いろんなものがもれないようにする、こんなはたらきがあります。


この気が足りなければ、生理活動が上手くいかなかったり、冷えたり、カゼをひきやすくなったり、疲れやすくなったり、汗をかきすぎたり、頻尿、内臓下垂など、いろんな症状がでてきます。


要は一言でいうと「気」が足りなければ「元気じゃない」ということ。


そうならないためにも気遣い、気配りは最小限でいいと私は思っています。


ここまで書いてきて今ふと、少し前まで我が家を担当してくださっていた宅配のお兄さんを思い出しました。


そのかたは、とにかく丁寧過ぎてなんだかいつもこちらが恐縮してしまうくらいのかたでね。そんなに気を遣いすぎてたら疲れはるやろな~と思ってしまうくらい。いつのまにか担当が変わったのか、今は違うかたが担当してくださっています。


ではまとめます。

◉気配り、気遣いをするには自分が元気なことが前提
◉自分の気を無駄遣いせず温存しておく
◉気はいつも補うことを心がける


最近、乾物を使うのがマイブームな私。特にきのこ類。


きのこ類はおなかを元気にして補気をしてくれる食材です。これからの季節は湿気が多いので胃腸に負担のかからないきのこ類は強い味方ですね。


それでは皆さま、今日もどうぞお気をつけてお過ごしくださいませ。


今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


いつも笑顔と養生を忘れずにっ(*^_^*)

≪出張サロン&開催講座などのお知らせ≫

【声のお便り 七十二候のタイミングで配信中】
漢方養生LIFE by NORIKO~七十二候を感じて~
⇒更新!!
https://stand.fm/episodes/5ee0a33200ec6e8d653b36d4

【出張サロン】
当分の間お休みいたします

【2020春夏期 薬膳管理師ベーシック講座】
お申込み・詳細はこちら
⇒中止となりました
⇒ https://kisaragi02.jp/gallery/2020010410275/

【台湾宗元堂 リフレクソロジー家庭保養版】
お申込み・詳細はこちら⇒満席となりました(2.21)
⇒開講延期となりました(2.27)
⇒ https://kisaragi02.jp/gallery/2020011810303/

【薬日本堂漢方スクールさんにて】
お申込み・詳細はこちら
「カラダ巡らす季節の薬膳茶づくり~梅雨の養生 水の巡りを整える」
http://www.kampo-school.com/area_seminar_list.php?area=2